アンクルのためいきといきマイセルフ
俳句・短歌・川柳・詩編等練習帳&出会いノートetc...


2019.12

 「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人々

 

  ゆったりほっこり湯遊日記2019へ
 行き当たりばったり画像日記帳過去ログ
もう一つの日記・行き当たりばったり画像日記帖

                                     

                                     

                        

                                                       

・12月01日、「落胆が松本覆う嗚呼山雅境界突破ならず寂しき秋」、最終節を待たず降格決定。 ・12月01日「今日の出会いきのうの出会い」、のきさきカフェで出会った柳沢公子さん(右)。左は店主の山崎雅子さん。画伯氏撮影。(24日)
・12月02日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、2月10日、なでしこマーケットで。fb友の深井篤氏と平澤妙子さん。 ・12月02日、「出るものはため息ばかりはや師走」松本・岡田、塩倉の池畔。
・12月03日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、2月15日市民タイムスで紹介されていた、「須澤元夫の道」を東月さんが見たいというので、紀子さんもいっしょにギャラリータカハシに見に行く。作品の前の作家、須澤元夫氏。くっちゃんの昔の旦那さんとは驚き。 ・12月03日「おおにぎわい師走のフリマスナップ集」、別途、つれづれ画像日記帖及びface bookにもアップ。https://www.facebook.com/profile.php?id=100015712891779
・12月04日「今日の出会いきのうの出会い」、松本・中町蔵シック館土間マーケットに出店していたfb友の井出麗華さんに初めて会う。クリエイティブトリガーバンドプラクティショナーとfbの自己紹介にあるが?? ・12月04日,、「枝たわわ実採る人なく年の暮」

、誰も取らぬまま枝もたわわの柿の木が方々に。長く廃家なのか、半野生化したものも。秋は終わり、このまま年も暮れるだろう。なお、ネットを見ていたら、実たわわという言い方は用法としては間違いらしい。

・12月05日、「冬ざるる境わからぬ日本海」、境もさだかでない滅入るような空模様が毎日続く。吹雪たりしたら、もうどこまでが空でどこまでが海か見境が付かないほど、荒涼そのものだ。14年12月、JR信越線車窓より。この年、この東京から新潟へ回った旅行から帰った1週間ほど後、20日間の入院生活をすることになったのだが、人生何が待っているかわからない。 ・12月05日「今日の出会いきのうの出会い」、fb友、名古屋のタゴちゃんこと、田籠智子さん。繩手のかえる祭りなどで会うと、いつもおどけたポーズの彼女だが、これはfbにアップされていたまともな着物姿。
・12月06日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、2月22日、松本・あがたの森芸術展を見に来てくれたfb友、看護師の志羽美保さん。 ・12月06日「枯葉舞うパークサイドの最後のカフェ」、先に11月アップした「落ち葉舞うあなたもわたしもわかってるリバーサイドの最後のカフェ」の俳句風バージョンというところ。まあ、単にフレーズを省略したに過ぎないが....。青山通りから、明治神宮外苑絵画館への銀杏並木沿いカフェ。...。
・12月07日「今日の出会いきのうの出会い」、先日、fb友になった筑北村の元、村おこし協力隊員だった大場鈴子さん。写真は、2016年3月、同村岩殿寺火渡りの際、画伯氏が撮ったもの。 ・12月07日「境界突破空しくゆれる山雅冬」
・12月08日、「神竹灯安曇野初冬の風物誌」 ・12月08日、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、9月下旬のマルシェの森で出会ったアロマセラピスト、ルーブルキャンドルの小林佐喜子さん。実は、2月09日のなでしこマーケットにも出店していたようだ。
・12月09日、「人生の四季冬も第4クオーター ・12月09日「今日の出会いきのうの出会い」、穂高のシェアハウスまる吉にて。fb友、ナカムラアカネさん(右)に安曇野スタイルの時の写真を届ける。左のRITOさんには今年は良く会った。天真爛漫、元気印の明るい娘。
・12月10日、「吉田類夜な夜な酒場を放浪すそれが商売とはまあ羨まし!」S-TBSの「吉田類の酒場放浪記」を楽しんで見ている人も多かろう。番組表を見ていたら、私はまだ見てないが、女酒場放浪者もあらわれ、放映されているらしい。 ・12月10日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月05日、安原町のパン工房・フィードルにて。紅茶をいただく。fb友、オーナーの金子千代美さん。息子さんの進学の関係で来春(19年春)店を閉じるかもしれないとの話だった。
・12月11日、「突風が木守柿まで吹き飛ばし」、柿の木にひとつだけ残った柿の実、木守柿などともいうらしい。冬の季語にもなっているようだ。木枯らしが...としたいところだったが、季重なりになるのでここは....。 ・12月11日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月1日、カフェ・ド・ラペでミニミニオフ。fb友の左から、尾身佐代子さん、深井篤氏、小澤総子さん。
・12月12日、「今日の出会いきのうの出会い」、3年連続の取材、穂高神社神竹灯・神楽殿ライブ、熱唱するfb友の花村佑子さん。私も彼女を撮ったのだが、この写真はこの神竹灯ステージが縁でfb友となった亀野好洋氏撮影のもの。 ・12月12日、「漂白の最後の旅は冬の旅」、人生の四季、もう冬しか残っていないが...。誰でもが巡る人生の四季。それぞれの季節を大切に!写真は冬の越後平野。9日アップした句と対の句。
・12月13日、「今日の出会いきのうの出会い」、松本、宮村町通り。カフェ茶かのオーナー・ママのカコちゃんこと、丸山孝子さん。眼鏡姿を長年見てきたので、ちょっと変。私も70歳になりましたとのこと。 ・12月13日、「冬ざるる思いめぐらす旅の果て」、「風花や思いめぐらす旅の果て」

、 12月の諏訪湖畔公園。

・12月14日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月25日、隅田川公園で出会った2人、MIEさん(左)とYAOIさん(右)。記念写真を撮って上げる。 ・12月14日、「終活は遅遅と進まぬ年の暮」終活も断捨離も...。
・12月15日左右、下段左も。「草原のにおいがする少女と過ごした夜谷山浩子のカントリーガールのよう」、 シングソングライター、谷山浩子さん(1956~)はなにか不思議な人である。その歌声も、その詩の世界も。谷山浩子といえば、、かってのオールナイトニッポンの深夜番組の司会などもしていたので、それを思い出す人もあろう。   ・12月15日私も彼女の歌にこったひと頃があって、CDも何枚も。だいぶ前のことだが、彼女の「101人コンサート」に出かけ行ったこともある。---カントリーガール きみの目の中で 夕焼けが燃える きみのほほえみは 草原のにおいがする..。

谷山浩子さんがデビュー40周年を迎えて、記念コンサートや記念アルバムを出したのが2012年、それから7年、誰でも年を重ねるが御年63歳に..。

「この年も有無をいわせず師走なり」、歳末、12月の松本・大名町通り。
・12月17日、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月15日、松本・蔵シック館京楽市出店のはたのなおみさん。 ・12月17日「コンビニを出たらそれまでわかってた駅の方向がわからなくなる」、夜のJR大宮駅界隈。
・12月18日、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月11日、安曇野山麓線沿い、カフェ&ギャラリー縁縁にて、「春水」展、薔薇曼荼羅絵作家、小林史さんfb友。 ・12月18日、「年賀状書く気が起きず日どんどん」、いっそう来た人にだけ出すという手も...。
・12月19日、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月18日、トンボ高校玄関前で、合格!、おめでとう!よろこびの安曇野は堀金中学4人組。 ・12月19日、「ためいきは日々のことなり年暮るる」
・12月20日、左右、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月26日、「高校同期生桜の目黒川河畔に邂逅す」左から田中穣氏、小松茂氏、寺澤芳子さん、アンクル。 ・12月20日、中目黒駅近くカフェカラットでランチ。寺澤さんが見つけた店。
・12月21日「イルミネーションきらめく街を吟遊す」、松本・大名町通りの電飾。日本の冬の風物詩になった感のあるイルミネーション。私の持っている講談社版「日本大歳時記」や句友の東月さんや紀子さんの持っている歳時記には載っていないが、ネットには冬の季語になっているようだ。同じく、「ボジョレー・ヌーヴォ」や「第9」も、新たな季語に。なんでも外来語のカタカナ季語の第1号は「クリスマス」だとか。 ・12月21日、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月27日若い二人。京成線柴又駅ホームで。
・12月22日「何もかも過去に遠ざかる年の暮」、光陰矢の如しは今始まったことではないが、楽しかったこともそうでないことも、どんどん猛スピードで過去へ遠ざかって行く。しかし、同じ速度で地上の生きものは加齢が進む。写真は松本市役所前庭。 ・12月22日、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月31日駅前通り、サンエイビル7Fに移転した赤鬼を訪ねてみた。ママの奈美さん。
・12月23日、「コハクチョウカモに負けじとカワウ群れ」、安曇野明科、御宝田遊水池、池の中に浮かぶ小島である。水面も島もまわりも、冬季はカモと白鳥の天下になる。そうはさせじというわけでもないだろうが、他の季節ではあまり見れないのに、カワウもいっぱい集まってきて、負けじと対抗してか、その存在を示威、主張しているようである。 ・12月23日、「今日の出会いきのうの出会い」、昨日、アルピコプラザディズマルシェで出会いfb友になった堀内るみさん(左)と片岡那美さん(右)。堀内さんは、このマルシェの企画主催者である。
・12月24日、「今日の出会いきのうの出会い」、一昨日、広丘エンテラスのミニマルシェでやっとことさfb友になったKanae Kataokaさん。 ・12月24日、「落ち葉舞い漂泊の旅まだ続く」、寒風が落ち葉を巻き上げる、人生という漂泊放浪の旅はまだ続く。
・12月25日、「今日の出会いきのうの出会い」アルピコプラザディズマルシェで。fb友、タロット占いの松沢好美さん。この人に会うの3回目くらいと思うが、とても話し易く親しみが持てる。笑顔がステキ。 ・12月25日、「お気に入りの金色の目をしたカモ白黒ツートンキンクロハジロ」、昨日に続き、明科・御宝田遊水池シリーズの2というところ。安曇野にはハクチョウに倍々するカモも渡って来る。同じ北からの冬の使者、渡り鳥だが、カモの方はあまり話題にもならない。知らない内に来て知らない内に帰っていなくなっているという感じだ。
・12月26日「孤独死は人ごとでない年の暮」、ネットを見たらけっこう若年層にも増えているらしい。 ・12月26日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月28日白馬のぷうさん(右端)がおともだと一緒に訪ねて来て、松本中央図書館で会う。奥の宮地恭子さんとfb友になる。
・12月27日、歳の市今年もぎゅぎゅっと押しつまる」、松本・繩手通り、歳の市。 ・12月27日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月31日志音会オーケストラで、ヴィオラを弾いた寺島希容子さん(45回)(左)、第1ヴァイオリンの向井和子さん(12回)(中)、第2ヴァイオリンの露木美貴さん(34回)。寺島さんはfb友だが初めて会う。
・12月28日「年の瀬にバロック聴いている余裕かな」別に余裕でも、ゆとりでもないが、音楽はながらということが出来るのでね。まあ、年賀状出して来たのでとりあえずヤレヤレ。 ・12月28日「今日の出会いきのうの出会い」、駅前喫茶信濃館の壁展仲間、fb友の絵美さんが松本・駅前通りのシナノ画廊で個展。
・12月29日「今日の出会いきのうの出会い」、このごろfb友になった神社仏閣、パワーストーン大好きという北村ひろさん。彼女のfbより。 ・12月29日「餌やれば錯乱状態カモどもは」オナガカモとヒドリカモがごっちゃに入り乱れ...
・12月30日「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月27日、東京・靖国神社境内でスナップ。 ・12月30日「チコちゃんにまた叱られソーこの年もボーと生きてきたんじゃないの?ってね」
・12月31日「一筋の光明差すや年暮るる」、今年を代表・象徴する字として、「令」が選ばれた。昨年は、「災」だったが、わが信州に限っていえば、まさしく「災「かもしれない。今年にだけでなく、毎年のように異常なほどの災害に襲われている。懸念されることは、去年・今年に限らずこの傾向は来年以降もずっと続くかもしれないことだ。なりより地震国日本は、絶えず大地震の恐怖がある。宮崎・日南海岸。 ・12月31日、「2019・あの日あの時・思い出の日々/印象の人」、3月3日、この頃、FB友になった上田の佐藤由里さん。FBのプロフィール写真だが、相当前の...?私のFBを良く見てくれる。

                                                      

トップへ

inserted by FC2 system