アンクルの行き当たりばったり画像日記帳
2017.11

       

「あの日あのとき」「今日の出会いきのうの出会い」
「クラフトフェアの出会い」2016・思い出の日々・印象の人々」

  

                             

過去の日記は下記リンクをクリック
 ゆったりほっこり湯遊日記・2016
行き当たりばったり画像日記帳&俳句練習帳等過去ログ

              

                                                       

                                                      

・11月01日、左右、下段、更に下段も。カラマツ黄葉の乗鞍高原・おなじみのビューポイントにて。御池界隈。 ・11月01日こちら鈴蘭手前、いつものポイントだが、急に雲が張り出してきて残念。
・11月01日、鈴蘭入口、コロナ観測所連絡所前バス停付近。 ・11月01日長年懇意にしている宿、鈴蘭のベルグハウス。ママの清美さんにも。
・11月01日、ここもおなじみのポイント。左のエリアはソバ畑だった。 ・11月01日ケレンデは晩秋から初冬、雪を待つばかり。
・11月02日、左右、初冬の乗鞍高原三本滝ゲレンデ。標高1800m、乗鞍高原でも最上部に位置するゲレンデである。すでに積雪が...。 ・11月02日、ここではカラマツ黄葉も終盤。(1日)
・11月03日、左右、下段、更に下段も。昨日、2日から「安曇野スタイル2017」スタート。 ・11月03日、明科・御宝田遊水池横、#32・自然体験交流センター「せせらぎ」
・11月03日、左右#32・自然体験交流センター「せせらぎ」内展示風景。手前、。かくれの森(キャンドル・雑貨)。奥、人形副工房キャサリン。 ・11月03日、32・自然体験交流センター「せせらぎ」内展示風景。ateller09(レザークラフト)。
・11月03日、穂高・#18・かじかの里公園。 ・11月03日、#18・かじかの里公園。豊科たんぽぽ(キャンドル・雑貨など)(取材2日)
・11月04日、左右、下段も。安曇野スタイル2017・第2日。#23.、豊科近代美術館で「アートクラフトフェスティバルIN2017」出展作品、カミジョウミカさんの作品を見る。「ポンプみたいなシンゾウ」 ・11月04日ビンサンチの早苗女史から、ぜひみて、すごいからとすすめられたももである。「脳みそにチクビうめこむ」
・11月04日、「平面」、一見あのクサマヤヨイ画伯の再来のようにも....。 ・11月04日右側の人がカミジョウミカさん。足が不自由で車イスで移動。(3日)
・11月05日、左右、下段、さらに下段も。トンボ12回、9条の会、「不思議なクニの憲法」映写会。会場の大名町公民館。 ・11月05日受付の須田奈津子さん、内川美枝子さん。
・11月05日、左右、映写会の後、先。何年ぶりかの人も。 ・11月05日、なんと同期生を中心ニ37名の参加あり。元信大学長の宮地 良彦先生のお元気な姿も...。
・11月05日、左右、アンクルの作品展をやっている駅前喫茶信濃館に移動しての懇談。 ・11月05日遠くは兵庫県加古川から参加の赤羽さんも。
・11月06日、左右、下段、更に下段も。安曇野スタイル取材3日目。左右、#22、カフェ&ギャラリー清雅、ウツミエマ・山崎通子二人展「迷い込んだ夢のはなし」がテーマ。 ・11月06日、ウツミエマさん(右)はイラスト・小物、山崎通子さん(左)は陶器。
・11月06日、左右、#28、あづみのコミューンチロル。5人ほどの作家さんの制作が...。 ・11月06日、暮らしが楽しくなる「お香立て&ろうそく立て」展を開催。
・11月06日、左右、おなじみ松川村は、安曇野SKY版画工房にて。福本吉秀氏、奥さんの伊藤陽さん、娘さんのマリエさんの作品が。 ・11月06日、ネコをイラストした小物も...。
・11月07日、左右、下段、更に下段も。市内島立のハリカ松本店ギャラリーでVery Berry  ROSE・フラワーアレンジメント作品展を見る。 ・11月07日、主宰者のフラワーアレンジメント作家・講師の石川るみさん。なんと、石川るみさんにお会いするの、11年3月の安曇野山麓線沿いギャラリー縁縁の作品展以来6年ぶり。半年くらい前、彼女の生徒さんの縁でfb友に。なんかうれしい。                
・11月07日、〜花に満ちた生活を〜、訪れる人はやはり女性が多い。 ・11月07日、ドライフラワーかと思ったらみな生花だという。               
・11月07日、飾り立・デコレーションにはいろいろの小物も。 ・11月07日、陶器製の小さなオーナメントもアクセントに。(3日                
・11月08日、左右、下段、更に下段も。軽井沢の紅葉の名所の一、雲場池。 ・11月08日、雲場池、またの名をスワンレーク。                
・11月08日、左右、下段、更に下段も。軽井沢・雲場池の紅葉。池端の紅葉はすでに遅かったが、ドウダンツツジの色合いがみごと。 ・11月08日、ドウダンツツジ越しに対岸を見る                
・11月08日、左右、雲場池遊歩道沿いの別荘の紅葉が美しい。 ・11月08日、この隣接する別荘の紅葉も雲場池も魅力の一端、池を訪れる人々の目を楽しませいる。                
・11月09日、左右、下段も。旧軽井沢駅舎が、現役復帰。長く博物館になっていたが改装、この10月末からまた現用の駅舎として使われ始めた。 ・11月09日、この旧駅舎は、アンクル氏も中学生の一時期、軽井沢で暮らしたので愛着がある懐かしい建物である。ホーム側から改札口を見る。
・11月09日、私もこの改札口を通って外へ出た。 ・11月09日、しなの鉄道ホーム。右側は、展示されている旧信越線機関車。(アブト式か?)(6日)
・11月10日、左右、下段、更に下段も。紅葉の松本・牛伏川階段工・上部堰堤。 ・11月10日、階段工上部の橋。
・11月10日、階段工途中の紅葉。 ・11月10日、階段工下部の南岳橋を望む。
・11月10日、左右、階段工上流のゆるやかな流れの堰堤。 ・11月10日、階段工上流、明治期作られら堰堤と紅葉。
・11月11日、左右、下段、更に下段も。MFC新潟一泊旅行で見た海。左右と下段、出雲海岸の海。海に延びた展望橋。 ・11月11日、晴れると思わなかったのでラッキー、かなたに薄く佐渡の島影も...。
・11月11日、砂浜に良寛少年の像、母親の故郷の佐渡を見ている。 ・11月11日、堤防の上にいた鳥、姿・形態からカモメと思うが?帰宅して鳥類図鑑を見たら、亜種セグロカモメ冬羽に一番近いが....?
・11月11日、左右、宿泊した寺泊海岸の落陽。 ・11月11日、今まさにサンセット!
・11月11日、左右、寺泊魚の市場の近く砂丘に秋グミの灌木が続いていた。 ・11月11日、実はほとんど遅く落ちていたが、それでも少し採取。口に含むと甘く渋い独特の味。
・11月12日、左右、下段。桜の紅葉。左右、松本市内薄川河畔道路。 ・11月12日、小松橋下の階段流路と桜並木。
・11月12日、左右、山形村ICシティ周辺道路の桜並木。 ・11月12日、落ち葉もたくさん、桜の紅葉が朝日を浴びて美しい。
・11月13日、左右、松本〜塩尻東山山麓線崖の湯温泉・背後の山、全山紅葉。 ・11月13日あまり注目する人はいないが、アンクルおすすめの紅葉ポイント。
・11月14日、左右、下段、更に下段も。イラストレーター、ウツミエマさんの不思議な世界。エマさんとアンクル。安曇野スタイル・野土花にて。(16.11) ・11月14日、エマさんの画集「記憶と夢の断片」より。
・11月14日、エマさんは不思議で幻想的な絵を描く方だ。 ・11月14日空想的で不思議な世界がどんどん広がる
・11月14日、昔住んでいた町の記憶... ・11月14日、他人の心の中はわからない...
・11月14日、夜の電車に偶然乗り合わせてたものたち ・11月14日今年の安曇野スタイルは清雅ギャラリーで、エマさんと展示。バック、ガマ口、人形などの小物も。
・11月15日、左右、下段、更に下段も。晩秋点描。松本水汲、護国神社・県文前通り。プラタナス並木の黄葉。 ・11月15日同じ通り、浅間温泉に近いエリアは銀杏並木に。
・11月15日、左右、県文構内の銀杏はもう葉を落とし....。木にもそれぞれ個性がある。 ・11月15日あたりににはあの異臭が、銀杏の実は拾い放題。
・11月15日、左右、県護国神社境内。七五三詣りのファミリーが。お母さん、横向いていて残念。 ・11月15日先の台風で倒壊した大鳥居は横に寄せられていた。
・11月16日、左右、来年(2018年)のカレンダーを購入。竢o版社という会社の製品。1300円+税。 ・11月16日、撮影者は市川紀元という人、湘南を主に撮っている写真家らしい。
・11月17日、左右、下段も。バスで高山へ。国道158号線、信飛県境は雪の原。 ・11月17日時雨れて山並みは見えず....。
・11月17日、左右、平湯温泉PTにて。 ・11月17日安房トンネルを越えて岐阜県側に入った方が雪は多かった。
・11月18日、左右、下段、更に下段も。高山散策スナップ。国分寺の大銀杏の黄葉はまだまだ楽しめた。 ・11月18日fb友である木童工房の関西恭子さんの店はお休みだった。
・11月18日、高山駅前通りのケヤキの紅葉がまだ見頃だった。 ・11月18日、週日でも古い街並は大勢の人でにぎわっていた。
・11月18日、ベンチに座って二人でみただしだんごを....。 ・11月18日毎年立寄る渋草焼き・芳国舎の店で。今年は娘さんでなくおかみさんが...。
・11月18日、左右、ここ何年かおなじみ、宮川朝市通り、弓華さんの店、カフェぼくんちで昼食。 ・11月18日昭和のかおりいっぱいのオムライス、650円。懐かしい味
・11月19日、左右、飛騨高山で見た面白いもの。高山のさるぼぼ人形もクリスマス仕様。 ・11月19日高山は松本と同様、木工の町。有る店先に昔なつかしいカタカタが...。
・11月19日、左右、友人の画家、画伯氏こと久保田喜正氏が、松本・上土のブックカフェ想雲堂でミニ展示会。会期は12月1日(金)から10日(日)。 ・11月19日題して、古本と絵画のコラボレーション、ネイチャーファンタジー・久保田喜正展。楽しいキャラクターが画面いっぱいに。
・11月20日、友人の画家、画伯こと久保田喜正氏、ネチャーアート、「野菜で描く自然のアート」として、信毎に大きく紹介される。 ・11月20日、J2最終節、京都に敗れ、山雅PO進出もならず、8位に。落胆が松本を覆う。
・11月21日、左右、下段も。冬へ。里山もすっかり冬枯れ色に。明科地区。 ・11月21日犀川・白鳥湖から東山を望む。
・11月21日、明科・御宝田遊水池。白鳥は全部こちらに来ていた。 ・11月21日明科・高速道脇。セイタカアワダチソウの花がいまだ。..
・11月22日、左右、下段、さらに下段も。21日付の松本平タウン情報に大きく紹介されていた、池田町在住の染織作家、菱川淳子さんの初の個展を俳句仲間の紀子さんと、松本市美術館創作館に見る。 ・11月22日ゲーブルの上にさまざまな素材の織り糸などが並ぶ。生糸、愛犬の毛、羊毛、麻、木綿等々
・11月22日、開催初日おおぜいの人が...、テレビ松本の取材も。 ・11月22日、奈良県天理市出身の菱川淳子さん。会社員から転身、創作に専念してまだ1年半ばかり。
・11月22日、抽象的なデザイン・色合いが美しい染織作品。 ・11月22日糸紬機に実演も...。白いむくむくした素材は、確かピレネー犬の毛とか。
・11月23日、左右、晩秋風景。イネワラロールがあちこちに。 ・11月23日晩秋の風物詩、野沢菜の収穫風景。安曇野豊科にて。その場ですぐ漬け込めるようにカタチ整えている。
・11月24日左右、下段、更に下段も。「アンクルのフォト&俳句・短歌ラミネート展」、展示期間は後1週間。 ・11月24日、撮影は2002年頃。SONYマビカで。
・11月24日、撮影は80年代半ば。原版はポジフイルム。 ・11月24日、撮影は2006.7年頃か。
・11月24日、10何年か前、どこでのナヴィオフだったか、ひばりさんと冗談半分でした約束だったが...。 ・11月24日、御宝田遊水池の周りがコスモス畑だった頃。
・11月25日、左右、下段も。松本市美術館で「彫刻家、細川宗英展」を、見る。 ・11月25日、人間存在の美、松本市市制施行110年記念・松本市美術館開館15周年記念展。細川宗英(1930〜1994)は松本市に生まれ、諏訪市で育った芸術家である。
・11月25日、なにか、圧倒されみな魂をゆすぶらせる作品群である。 ・11月25日、《鳥がとまった》、諏訪市美術館蔵。
・11月26日、左右、下段も。松本市美術館市民ギャラリーで開催中の「第58回松本市芸術文化祭 第15回美術工芸展を見る。 ・11月26日、絵画だけでなくさまざまの手仕事・工芸品も....。
・11月26日、左右、招待作品として、友人の画家、岩淵竜王丸氏の作品2点も....。 ・11月26日作品のタイトルは、左右、「人類の負の遺産」(1)(2)
・11月27日、左右、下段も。三郷・かんてんぱぱショップ2Fギャラリーで、「wel花夢come2018」展を見る。 ・11月27日内容はというと、ハンドメイク作家20名の作品発表会&即売会だった。かわいい小物がいっぱい。
・11月27日、来場者はやはり女性が多い。この催しも10年目とか。 ・11月27日カミジョウミカさんも作家の一人として作品が...。リースなども。
・11月28日、左右、下段も。三郷・広域農道沿い、ハマ園芸構内の石像など。右の石像も平成の双体道祖神と思われる。 ・11月28日、こちらは童子・童女の双体道祖神。左のものよりだいぶ新しい感じ。
・11月28日、石のカエル。 ・11月28日こちらはたぬきのファミリー。陶器製。おたぬきさん、どうしてここにあるのが。
・11月29日、左右、下段も。松本平、朝方は霧が深かったが、それが上がると雲一つないような快晴に。(28日)、城山公園展望台からの眺望。常念岳(左)と大天井岳。 ・11月29日北西左から、遠く爺が岳・鹿島槍・五竜岳。
・11月29日、松本平(1)、西方。 ・11月29日、松本平(2)、やや西北方向
・11月30日、「今日の買いものきのうの買いもの」、車載用ジャッキ、ジャッキのネジが馬鹿になっていて用をなさなくなって、しばし無しで過ごしてきたが、タイヤ交換は業者に頼むとして、パンク時の対応は自分でしなければと購入。1780円。 ・11月30日反町監督、来季も松本山雅のかじ取り・続投決定。ヤレヤレである。信毎等の今季の戦いの総括では、なるべくしてなった8位という結果、チームはかなり経年劣化、問題山積の模様である。頼むぞソリさん!

                                                      

トップへ

inserted by FC2 system